Category: ニュース

築地河岸ことばを知ろう#3

「午(うま)」・・・
 「ウマ、くれよ」。
 そう言われて目を白黒させたのは、仲卸の店先で働きはじめたころだった。
 ウマ、サンマのことである。ジュージュー脂のしたたる焼きサンマ。目黒の殿様ならずとも、「ウマッ」。語源はそこにある。
 書くとなれば「午」。昔は、伝票にもそう記した。夏目漱石の『吾輩は猫である』では、「三馬」という字を当てているが、寸暇を惜しむ市場では「午」なのである。今でもセリ人は、サンマの箱の覚書に「午」という字を当てる。
 初売りは例年、七夕のころ。北海道からジェット機でやってくる。早どりサンマだから、ほっそりとして脂も少ないが、ご祝儀相場で1本1000円してもおかしくない。
※先日アップしたウマの写真は、なんとサンマではなかったようです!
お魚のプロたちが教えてくれました。大変失礼いたしました!ということで、改めてサンマの写真で投稿です。

続きはこちらから
http://www.asahi.com/special/tsukiji/word/articles/ASH4J5HG5H4JUEHF00J.html
朝日デジタル 築地‐時代の台所‐ より
※築地市場では、独特の言葉が使われています。知られざる築地をひも解くヒントとして、「朝日デジタル 築地‐時代の台所‐」さんとコラボして、少しずつご紹介します!