Category: ニュース

築地河岸ことばを知ろう#5

「ターレ」・・・【ターレット】発想のもとは、戦艦だった。
ターレット。略してターレ。その数2200台。築地市場を代表する運搬車である。
運転台には、ハンドルがついたたる状のものが据えてあり、座席はなく立って運転する。うしろには3メートルほどの荷台。車種により、最大積載量は1~2トン。タイヤは、空気タイヤではもたないので、丸ごとゴム。これ以上は考えられないほど、運ぶことに特化させてある。
ターレット。語感は愛らしいが、物騒なものが始まりだった。戦艦の大砲である。
戦後のことだ。戦艦から突き出た大砲の機器を内蔵する根っこの部分、その名もターレットと呼ぶたる状のものにヒントを得て、自動車メーカーが開発した。
戦艦のターレットは360度に回転する。開発者はそこに目をつけた。応用すれば小回りがきくクルマになる。実はこれこそターレの得意技で、運転台のたるも360度回転し、場内の狭い通路でも縦横に走れるのだ。
それにしても、と思う。豊洲新市場への引っ越しにターレはどうするのだろう。

続きはこちらから
http://www.asahi.com/special/tsukiji/word/articles/ASHDG61K6HDGUEHF014.html
朝日デジタル 築地‐時代の台所‐ より
※築地市場では、独特の言葉が使われています。知られざる築地をひも解くヒントとして、「朝日デジタル 築地‐時代の台所‐」さんとコラボして、少しずつご紹介します