Category: ニュース, 監督photo通信

監督Photo通信 #4

【第四回 監督Photo通信】 English follows
マグロのセリ場には色々な標語が貼られているが、その1つにこんなものがあった。
―市場の信用は正量取引から―
マグロはセリ場に並べられる前に卸会社主導で計量される。それをもとにキロ単価で競られるのだが、仲卸さんの業界(ここではマグロなので大物業界)の青年部(35歳以下の若手で組織される)によって抜き打ちで、セリ開始前に目方の再計量がおこなわれている。
それは検量と呼ばれ月に1度程度おこなわれるという。ランダムに選んだマグロを卸会社立会いのもと表記に間違いがないかを確認しているのだ。
些細な誤差でも、キロ単価において魚体の大きなマグロでは総額の差は大きいと聞いた。そのしわ寄せが消費者にいかないように。《信用》を基本としながらも、それらは双方の日々の努力によって築かれているのだと知った。(監督/遠藤)

【Director’s Photo Journal #4】
There are many slogans posted up in the tuna auction space, and this is what one of them says:
“The market’s credibility comes from correctly weighed transactions”
Before the tuna are laid out in the auction space, they are weighed, mainly by the wholesale companies. Although
they are auctioned using that as the basis for the kilo unit price, without any advance, notice young brokers
(organization made up of people under the age of 35), re-weigh them before the auction starts.
This s called an “inspection” and takes place about once a month. It confirms that there are no mistakes in notation.
With the large size of the tuna, even a trivial error makes a big difference to the total value. That burden is
passed on to the consumer, so measurements are done very carefully.

from Director Endo