Category: ニュース, 築地仲卸通信

築地仲卸通信#6
-NAKAOROSHI Journal#6-

読者の皆さんこんにちは!特種物業会青年会、築地・小栗水産の小栗真弘です。
私の店では主に活魚(生きた魚)を取り扱っています。
私が通う築地市場では日々日本各地から色々な魚が集まってきています。
その中でも私が今月お薦めしたいのが鯖(サバ)です。
一年中ある魚のひとつですが、一番美味しくなるのは10月から12月にかけてなんです。
鮮度がよければお刺身に(基本的には酢でしめてシメサバに)して食べたり、焼き物や煮物にしたりと、鯖1本あればメニューが2・3種類出来てしまう優れものです!
だんだん秋から冬へと季節の移り変わりが厳しくなり外に出るのが少し嫌になる頃ではありますが、是非一度は築地市場に足を運んで頂いて私達がご紹介した魚を試してみてはいかがでしょうか。
dsc_0010

dsc_0012

[Tsukiji NAKAOROSHI Journal#6]

My name is Masahiro Oguri of Oguri Suisan, Our shop mainly deals in live fish. At Tsukiji Market, where I work every day, a wide variety of fish arrive from regions across Japan. This month, I’d like to recommend mackerel. Although it is a year-round fish, it’s most delicious between October to December. If it’s fresh enough it can be eaten as sashimi, as well as grilled or simmered. With just one mackerel, several kinds of dishes can be prepared. It’s an excellent fish. As autumn passes into winter, you may feel less inclined to go out, but I urge you to make the trip to Tsukiji Market and sample the fish we’ve introduced.

dsc_0010