Category: ニュース, 築地仲卸通信

築地仲卸通信#7
-NAKAOROSHI Journal#7-

こんにちは!マグロを専門に取り扱っています越虎(エチトラ)の栗原です。
現在、世界各国から築地に冷凍、生鮮マグロが毎日集荷されていますが、中でも秋から本格的な漁期を迎えるアメリカのボストンで獲れる本マグロをご紹介したいと思います。
今現在、毎日30本前後は築地市場に上場されているボストン産の本マグロは大きいものだと300キロ近いビックサイズもあります。
しかしながら現地では比較的小型船で2名程の船員で格闘しているそうです。
今から数十年前は漁業ではなくゲームフィッシュとして楽しんでいたものが、品質が評価されたのを機に日本に輸入されたようです。
今は適切な処理をしてマグロを取り上げていますが、私が築地に来た25年程前はマグロの中にショットガンの弾や弾頭が入っていた事もありましたよ。
適水温に向かいボストンのマグロはいいエサをたくさん食べて、脂も乗り赤身もしっかりした味の濃い個体が多くなってきます。
機会があれば是非海外の漁師さんの努力で味わえる濃厚な味を楽しで頂けたらと思います。

I’m Kurihara from Echitora, a specialist tuna broker. While fresh and frozen tuna from around the world is always available at Tsukiji, as we enter the real fishing season which begins in Autumn.I’d like to introduce you to some of our Boston caught Pacific bluefin tuna.

Right now, every day around 30 bluefin tunas arrive at Tsukiji from Boston. The largest of them can weigh up to 300 kilograms (or about 660 pounds).

The fishermen struggle to catch the fish on small two-person boats. A few decades ago, they were catching the fish not to make a living, but simply for sport. However, after receiving much acclaim for the quality of their catch, they began exporting to Japan.

While today, tuna are processed according to the proper procedures, when I first came to Tsukiji 25 years ago, it was not unheard of to find shotgun bullets inside the fish.

Boston tuna feed on good quality food, and more and more of these tuna exhibit a wonderfully deep flavor in both their fatty and lean meat. If you have the opportunity, be sure to try this deliciously rich tuna, brought to you by the hard work of fishermen abroad.

Thank you

 

img_0240 img_0244