2020年4月22日、京急本線弘明寺駅~井土ヶ谷駅間で人身事故が起きました。

人身事故の影響で、京急線の駅のホームや外には人があふれる事態に。新型コロナウイルスの感染が怖い昨今、こんな影響も出てしまいました。

今回の記事では、京急本線弘明寺駅~井土ヶ谷駅間で発生した人身事故について、事故の概要や当時の状況、ネット上での反応などをまとめました。

スポンサーリンク

2020年4月22日京急本線弘明寺駅~井土ヶ谷駅間で起きた人身事故の概要は?

2020年4月22日16時58分ごろ、京急本線弘明寺駅~井土ヶ谷駅間にて発生した人身事故。事故の影響で、一部区間において運転見合わせとなりました。

京急線の公式の運行情報でも、周知がされました。こうした公式アカウントで情報を伝達してくれるのはありがたいですね。

人身事故により、普段とは異なる運行ダイヤとなりました。いつも通りの時間にいつもの電車で帰宅しようとしていた人たちにとっては予想外の事態となりました。

スポンサーリンク

2020年4月22日京急本線弘明寺駅~井土ヶ谷駅間で起きた人身事故当時の状況は?

京急本線弘明寺駅~井土ヶ谷駅間で発生した人身事故。事故発生当時に京急本線を利用していた人々が、事故当時の状況をツイートしていました。

人身事故の影響で運転見合わせ、列車の遅延が生じました。それにより、行き場を失った人たちが足止めを食らい、運転再開した列車をホームで待っています。緊急事態宣下とは思えない人ごみですね。人込みを避けタクシーで帰るわけにもいきませんし、難しいところです。

事故の対応のため、救急車両も駆け付けました。あたりにはサイレンが鳴り響き、何が起こったのか周囲の人々を不安にさせますね。

スポンサーリンク

2020年4月22日京急本線弘明寺駅~井土ヶ谷駅間で起きた人身事故の身元情報は?

2020年4月22日の昼間に起きた人身事故。人身事故を起こした本人の身元情報が気になります。

ネット上には、今回の人身事故の身元情報を特定するような情報源は見つかりませんでした。人身事故が起こったのが駅と駅の間であることから踏切であることが推測され、可能性として高いのは踏切に飛び込んでの事故でしょう。事故の対応のために緊急車両が出動したようですが、命が助かっている保証はありません。

2020年4月22日京急本線弘明寺駅~井土ヶ谷駅間で起きた人身事故についてSNSネットの反応は?

京急本線弘明寺駅~井土ヶ谷駅間での人身事故と電車の運転見合わせに対して、ネット上での反応はどのようなものだったのでしょうか。

ツイッターから引用しました。

人身事故後、運転を再開した京急線を利用した方のツイートによると、電車の中はかなりの乗車率です。マスクをつけているにしても、この状況は新型コロナへの感染がかなり不安ですね。また、京急線での人身事故の多さに言及するツイートも見受けられました。

まとめ

今回は、2020年4月22日に起きた京急本線弘明寺駅~井土ヶ谷駅間での人身事故と、それにともなう電車の運転見合わせについてまとめました。

たとえ新型コロナウイルスが流行していたとしてもその他の病気や天災、人身事故などは待ってはくれません。外出するとこうした不測の事態に巻き込まれたときのリスクも大きいので、なるべく家にいましょうとしか言えませんね。

スポンサーリンク
おすすめの記事