三重県伊勢市で60代女性の新型コロナウイルスの感染が新たに確認されました。

陽性反応が病院側に誤認され、検査結果が出た後も数日間隔離されていなかったという話もあります。

今回の記事では、コロナへの感染が確認された女性の特定情報、彼女が受診していた高見内科の場所、高見内科での医師や看護師、患者への感染リスク、SNSネット上での反応を見ていきます。

スポンサーリンク

コロナ感染した伊勢市60代女性の身元特定情報は?

三重県で新たに感染が確認された女性。身元情報が気になります。本人は特定されているのでしょうか。

三重県は24日、新たに60代女性が新型コロナウイルスに感染していたことが判明したと発表した。この女性については、伊勢市の伊勢赤十字病院がPCR検査の結果を陰性と誤認し、発表が遅れたという。県内の感染者は計44人となった。
 県によると、女性は伊勢市の保育園調理師で、11日に発熱の症状が現れた。17日に出たPCR検査の結果は陽性だったが、病院側が誤認し、県に陰性と報告していたという。

(朝日新聞デジタル)

ネット上の情報や報道など分かっているのは、
性別:女
年齢:60代
住所:三重県伊勢市在住
職業:保育園調理師

ということでした。詳しい住所等が分かれば周囲の人はより気を付けることができるのですが、残念です。また、この女性は発熱等の症状が出てから高見内科を受診し、伊勢赤十字病院がPCR検査の結果を誤認したため、検査結果が明らかになってから3日間入院していなかったとのことです。

スポンサーリンク

三重県伊勢市の高見内科の場所はどこ?

それでは、今回新たに新型コロナへの感染が確認された女性が受診していたという高見内科の位置を確認しましょう。三重県伊勢市岡本一丁目に位置しているようです。

スポンサーリンク

高見内科の医師看護師患者へのコロナ感染は大丈夫?

PCR検査で陽性反応が出てから3日間野放し状態だったこちらの女性。発症してから受信した高見内科での、医師や看護師、他の患者らへの感染が心配です。

高見内科での張り紙がツイッター上で見つかりました。こちらの案内によると、現在高見内科のスタッフがPCR検査を受けている最中とのことです。コロナ感染が確認された60代の女性との濃厚接触はクリニック内でなかったようです。また、さすが病院、常に消毒や感染疑惑のある患者の隔離は徹底していたとのことです。

こちらの高見内科の案内を信じるとすれば、他の患者への感染可能性は低いでしょう。あとは、医師や看護師のPCR検査結果を待ちましょう。

伊勢市でコロナ感染者が出たことにいてSNSネットの反応は?

今回伊勢市で初めて新型コロナウイルスへの感染が確認された件について、SNSやネット上での反応はどのようなものが見られるのでしょうか。

ツイッターからいくつか反応を引用しました。

伊勢市で初めての感染確認だったようで、伊勢市民の不安をあおりました。マスク不足が続く昨今、「マスクがほしい」とシンプルに戸惑う声や、GWに他県から旅行者が訪れることを危惧する声がありました。緊急事態宣言が全国で出てからもリモートワークになっていない会社は未だにあり、さらに「人が少ない場所なら出てもいいんでしょ」と外出する人々もいます。GWに人の動きがどうなるか、心配ですね。

まとめ

今回の記事では、三重県伊勢市で60代女性が新型コロナウイルス感染が確認された出来事を取り上げました。

PCR検査の結果を誤認していた病院の対応は責められてしかるべきでしょう。病院側はどこも忙しく、仕事が雑になってしまうのもわかります。が、今後こうしたミスがないことを祈るばかりです。

スポンサーリンク
おすすめの記事