2020年のゴールデンウィーク。
今年はコロナウイルスの感染拡大を防止する為不要不急の外出は控えましょうとStay Homeのスローガンのもと大勢の方が外出を控えております。
ですが札幌市の河川敷で、大人たちがバーベキューをしているとの情報が入っています。

緊急事態宣言下のゴールデンウィーク。新型コロナの感染拡大防止のため、例年とは違った様子になるかと思いきや、バーベキューで楽しむ人々の姿が。

今回の記事では、札幌市豊平川河川敷でのバーベキューの様子の画像、札幌市の対応、明日からの様子、SNSネット上の反応について調べました。

スポンサーリンク

緊急事態宣言のなか札幌市豊平川河川敷でのBBQの様子画像は?

5月2日(土)、札幌市の豊平河川敷で大人たちが遊んでいる様子を映した写真がツイッター上で話題になっています。

こちらは北海道知事の公式ツイッターアカウントへのリプライとして投稿されたツイートです。ツイート主の方は小学生の子供2人の母のようで、子供たちが自主休校で家にいるストレスもあってか、かなり腹を立てています。

こちらは散歩で通りかかった方によるツイートです。一枚目の写真と同様、人が河川敷でのびのびしている様子がはっきりとわかります。

スポンサーリンク

北海道札幌市の行政の対応は?

さて、豊平川沿いでのこのような様子に対し、札幌市は何か対応したのでしょうか。

北海道知事による、緊急速報のメールが道民に届いたようです。緊急事態宣言が発令されており、医療崩壊も起こっているというのに自分自身が健康だから危機感がない人たちが山ほどいます。そういう人たちに向けたメールかと思いますが、豊平川沿いの現状を知らずにステイホームしている方々にとっては、突然なんだと驚きますね。

都知事に直接ツイートを送る方や、自治体の対応として、緊急速報メールを送ることを希望する趣旨のツイートも見つかりました。外出する人を厳しく罰するまではできませんが、市や県からの呼びかけに真面目に向き合ってくれる方々が増えれば良いですね。

スポンサーリンク

明日からの豊平川でのBBQの様子はどうなる?

さて、5月2日(土)はいわばゴールデンウィークの初日。あと数日間続く休みの日々はどうなるのでしょう。

ツイッター上で、観光地に住む人々が「うちの県には来ないでくれ」と祈っているツイートが散見されています。例年ならば海外旅行もにぎわう時期ですが、ほとんどの国が国境を封鎖していて移動が規制されている昨今、それもかないません。その不満を発散するために国内旅行に目を向けることはやめてほしいものです。

札幌市豊平川でのBBQの様子についてSNSネットの反応は?

今回の札幌での大人のバーベキューに対し、ネット上ではどのような反応が見られるのでしょうか。

ツイッターより引用しました。

かなり厳しい言葉が並んでいますね。それもそうでしょう。コロナの感染者で病院はいっぱい、医療従事者の方々も感染のリスクを負いながら日々働いてくれています。そのような中で「自分は感染しないから大丈夫」「若いから感染しても大丈夫」とばかりにこうしてゴールデンウイークを満喫している人々の姿に怒りが湧いてきます。

まとめ

札幌市豊平川河川敷でバーベキューをする大人の姿が話題になったニュースを取り上げました。

疫病は目に見えませんが、世界中で確実に人々の命を奪っています。この瞬間もコロナで苦しんでいる人はたくさんいて、この現状に対し必死に働いてくれている人々もたくさんいます。これ以上感染拡大しないためにも、外出は控えましょう。

スポンサーリンク
おすすめの記事