2020年3月12日の週刊ヤングジャンプ2020年15号で原泰久先生のキングダムの634話が掲載されました。

本記事ではキングダム|最新話634話の「戦略の破綻」のネタバレあらすじと感想をまとめた記事になります。

※ここから先ネタバレ注意です

スポンサーリンク

キングダム|最新話634話の「戦略の破綻」のネタバレあらすじ

ひたすらに南下を続ける李牧軍の最後尾の部隊が信達を先頭にしている王翦軍に追いつかれてしまいます。

そしてそのまま戦闘に突入し、信達は槍を振るいながら敵を蹴散らしていきます。

「李牧様急報です」

「殿の部隊が王翦軍に捕まった模様です」

「あっ奴らの姿が見えるぞっ」

「バカな 大きく引き離していたはずなのに奴らなぜこんなに早く」

「後ろから急報!王翦軍の数が…」

「極端に少ないと」
李牧の部隊の兵士達は次々とこのように言っていき、李牧は少数精鋭にしてきたのだろうと察します。

しかし、このまま立ち止ることなく鄴へと向かっていたのです。

その理由は既に17日が経過しており、もう鄴が限界に達しているのではないかと思っていたからでした。

鄴の様子

鄴の城内では暴徒と化した民衆達と兵士達のいざこざが激化していました。

武将の一人は自分の事ばかり考えていると、この城を取られたら国の存亡に関わると民衆に言います。

対する民衆はそっちだって自分の事しか考えておらず民衆の事は何も考えていないと反論します。

兵士達は力づくで退かせようとするも、民衆達も武器を奪い取って反抗しようとしていたのです。

鄴の城を治めている武将である趙季伯は城門を守るためなら武力で民衆達を制圧するように命じます。

そしたら民衆達は貴族の屋敷に火をつけて食料を奪っているとの報告を受けます。

こんな状況下で、趙季伯はどの軍勢でもいいから早く来てくれないと持たないと心の中で思っていました。

激しき戦い

その頃、李牧は殿部隊を急いで結成させて王翦軍に向かわせました。

彼らに戦いを任せて先を急ぎたい李牧軍でしたが、倉央と糸凌が率いる部隊が隙を突いて向かってくるのでこの軍に対処しないといけないのです。

彼らを振り払わないと大打撃を受けて桓騎軍を破る事が出来なくなるからです。

それ故に李牧軍はいきなり翻って倉央軍を始めとした敵を包囲して殲滅する方針に切り替えます。

これによって王翦軍は手痛い攻撃を受け、撤退しますがそれでも壊滅するまでには至りませんでした。

この戦いを何度か繰り返しているうちに、夜を迎えました。

李牧は主力部隊と共に先を進み、残る部隊には王翦軍への夜襲を命じたのです。

何とか鄴へと辿り着くも、迎え撃つ体勢を整えている桓騎軍が待ち構えていました。

李牧は軍を指揮して彼らと戦う事になりました。

王翦軍と李牧軍の差

この事は兵士から王翦の耳に入るも、李牧軍は桓騎軍には勝てないから無理に追う必要はないと兵士に言います。

王翦は李牧が自分達を倒してから鄴へ向かうと言う策を立てていたが、前半で失敗した時点で策は駄目になったと考えていました。

そして戦略では李牧と互角であったが手駒の差で自分に分があったと王翦は言います。

お互いに主力が負傷する中、信達が頑張ったから勝てたと言います。

その頃、鄴では城門が開いたのでした。

スポンサーリンク

キングダム|最新話634話の「戦略の破綻」を読んだ感想と考察

戦略も十分重要な事ではありますが、それ以上にその戦略を実行できる実力者がいる軍が強いのが分かりましたね。

信達がいたから王翦軍が李牧軍に勝てた要因なのだと思います。

城門が開いたみたいですが、出てきたのは民衆達みたいですので兵士達はやられてしまった可能性が大ですね。

城門が開いた後の鄴の様子は次回で明らかになるのではないかと思います。

スポンサーリンク
おすすめの記事