2020年5月3日(日)
島根県松江市では市内に住んでいる40代の男性が新型コロナウイルスに感染したことを発表しました。
島根県内の感染者はこちらの男性で24人目であるとのこと。

島根県でこれまで新型コロナウイルスに感染した人は、接客を伴う飲食店「BUZZ」を発生源とするクラスターまたはその感染者でした。
しかし、今回初めて「BUZZ」とは関係ない感染者が出たと言います。

島根県は感染経路の特定を急いでいるとのことです。

そこで今回は、島根県松江市で発生したコロナ感染者の身元特定情報、そしてSNSネットの反応などを調査していきたいと思います。

スポンサーリンク

島根県松江市の40代男性コロナ感染者の身元特定情報は?

5月3日(日)島根県松江市に住む40代の男性が新型コロナウイルスに感染したということが明らかになりました。

感染した40代の男性は4月26日(日)に38度以上の発熱があり、医療機関を受診したと言います。このときにはまだPCR検査は行われませんでした。
受診後も熱、咳といった症状が続いたため5月1日(金)に再度病院を受診。

そして5月2日(土)にPCR検査を行い、陽性反応が出たと言います。

陽性反応が出た40代の男性は感染症指定医療機関に入院する予定であるとのこと。
予定ということは、現在は自宅待機しているのでしょうか。

詳しいことは明らかになっていません。

多くの人が気になっているであろう感染者の身元情報についてですが、現時点では島根県松江市に住む40代の男性であるというところまでしか公表されていません。

「会社員」など職業に関することも伏せられていますが、職業が伏せられているのには理由があるのでしょうか。
無職であるなら「無職」と出ると思うのですが…。

スポンサーリンク

島根県松江市の40代男性コロナ感染者の感染ルート行動歴は?

島根県松江市に住む40代の男性が新型コロナウイルスに感染したことが発覚したことで、県は感染経路の特定を急いでいると言います。

現時点では松江市在住としか情報が出ていません。
松江市といっても広いため、これだけでは情報が不十分です。

働いている人であるならば、職場は公開するべきでしょう。
職場を公開することで、自宅から職場までの感染ルートが見えてきます。

現在特定しているということなので、明らかになれば県または市からなにかしらの発表があるのではないかと思います。

スポンサーリンク

島根県松江市の今後のクラスター感染の可能性は?

島根県松江市で新型コロナウイルスに感染と聞くと、接客を伴う飲食店「BUZZ」で働いていた女子高生がクラスターとなり、多くの人に感染させたというニュースが記憶に新しいのではないでしょうか。

「BUZZ」はいわゆる水商売と呼ばれるところだったため、多くの人が驚きました。
女子高生が水商売って…。

今回島根県松江市で感染が確認された40代の男性は、「BUZZ」とは関係ないと言います。おそらく来店していないのでしょう。
ではどこでウイルス感染したのか…。

現在、40代男性の家族がPCR検査を受けていると言います。
早ければ今日中に、遅くても明日にはPCR検査の結果が分かるでしょう。

もし家族が感染していれば、その家族がクラスターになる可能性が…。

現時点では情報が不十分であるため、情報を公開してほしいですね。

島根県松江市で40代男性がコロナ感染したことについてSNSネットの反応は?

では最後に、SNSネットの反応をまとめていきたいと思います。

Twitterにて反応を見てみると、このように厳しい声が多く投稿されています。
「公表してほしい」といった声が多く投稿されていました。

県内、そして市内に住む人は近くに感染した人がいるかもしれないと思うと不安ですよね…。せめて町内くらいまでは公表していいのではと思いますが…。

まとめ

島根県松江市で40代の男性が新型コロナウイルスに感染したという情報を受け、今回は気になることをまとめていきました。

現時点では、情報が不十分です。
県内、市民が不安に感じているため、職場や住んで居る町名くらいは公開するべきではないでしょうか。

公開しないと必要な外出時に感染してしまう可能性があります。

今回の感染発覚をきっかけに感染者が増えないことを願います。

スポンサーリンク
おすすめの記事