富山で新たに新型コロナウイルスへの感染が確認されました。

何と今回は、感染者が利用していた公衆浴場も特定されています。濃厚接触者がいるとの情報も。

今回の記事では、立山鉱泉の場所と施設概要、立山鉱泉を利用したコロナ感染者の身元情報と行動歴、立山鉱泉利用者の感染の可能性、SNSネットの反応についてみていきます。

スポンサーリンク

立山鉱泉の場所と施設概要は?

今回新たに富山県で新型コロナウイルスへの感染が確認された方の行動歴が、一部特定されています。富山県富山市に位置するこちらの大衆浴場を利用したとのことです。

http://toyama1010.com/toyama-tateyamakousen.html
立山鉱泉公式ホームページ

周囲の方々がよく利用する温泉だったのでしょうか。周囲には商業施設などが立ち並ぶ地域にある温泉のようです。

スポンサーリンク

立山鉱泉を利用したコロナ感染者の身元情報と行動歴は?

さて、今回新型コロナへの感染が新たに確認された方の情報を見ていきましょう。

 

発表によると、9日に感染が分かった富山市の50代男性が利用していた。立山鉱泉は9日に施設内の消毒を終えている。日頃から換気や消毒を行い、感染拡大防止に努めているという。

 男性は3日に家族の感染が判明。8日にPCR検査を受け、翌日に陽性が分かった。軽症で、旅行歴や公共交通機関の利用はない。浴場で濃厚接触者が1人いるという。

こちらの発表によりますと、富山市在住の50代男性とのことです。この情報によると、男性の家族も感染していたことが分かっているようです。家族からの感染とみて間違いないでしょう。

この男性の行動歴として明らかになっているのは、陽性反応が確認される前に立山鉱泉を利用していたことです。なんと、家族の感染が確認された後に、咳をしているにもかかわらず、温泉に行ったそうです。その他、旅行歴や公共交通機関を使ったとの情報はありません。

スポンサーリンク

立山鉱泉利用者のコロナ感染の可能性は?

それでは、新型コロナ感染が確認された男性が利用した立山鉱泉での他の利用者への感染リスクについて考えていきましょう。

男性が立山鉱泉を利用した時間帯に、同じく利用していた人に対して名乗り出ることを呼びかけているようです。これからPCR検査にて感染の有無を確認することになるのでしょう。

濃厚接触者は一人との情報が入っていますが、同じ湯舟を共有しているだけあって不安ですね。該当者は直ちに名乗り出て、さらなる感染拡大を防いでほしいと思います。また、立山鉱泉では頻繁に消毒は行っているとのことです。

コロナ感染者が立山鉱泉を利用していたことについてSNSネットの反応は?

それでは今回のニュースに対して、SNSネット上ではどのような反応が起こったのか見ていきましょう。

今回の男性は自分がコロナに感染しているかもしれない状況の中で大衆浴場を利用しました。そのため、富山市民の反感を買ったようです。また、コロナ感染者のプライバシー保護のため行動歴すらも隠すような報道の仕方に対し、不満を抱えている方々もいました。

まとめ

今回は、富山県富山市で感染確認された男性が銭湯を利用していたニュースを取り上げました。

外出が自粛されている中、急ぎでもないのに銭湯に行くのもなかなかお勧めできませんが、さらに家族が感染していたのにそのような行為をする人がいるとは残念です。

スポンサーリンク
おすすめの記事