2020年5月13日(水)
日本相撲協会は高田川部屋の三段目・勝武士力士が新型コロナウイルス性肺炎による多臓器不全により亡くなったことを発表しました。

28歳現役力士の早すぎる死に驚きの声が上がっています。

そこで今回は勝武士力士の生前の活躍。一体どこで感染したのかということ。
SNSネットの反応など気になる情報をまとめていきたいと思います。

スポンサーリンク

勝武士の経歴プロフは?

 

・名前:勝武士太郎(しょうぶしたろう)
・本名:大森清考
・生年月日:1991年11月4日
・没年月日:2020年5月13日
・出身地:山梨県甲府市
・身長:166㎝
・体重:108.9㎏
・職業:力士(高田川部屋)

勝武士力士が高田川部屋に入門したのは中学校を卒業してすぐのことでした。
身長166㎝の勝武士は第2新弟子検査をパスして力士になったとのこと。

これまでの実績はこちら ↓

三段目:在位場所48 取組335 勝147 負189
序二段:在場所26 取組182 勝99 負83
序ノ口:在場所3 取組21 勝14 負7
前相撲戦歴:1場所

力士としては小柄ながらも強い足腰を武器に活躍していました。

28歳現役力士の新型コロナウイルス感染での死亡は悲しいニュースでしたね…。
まだまだこれから活躍できる力士だったのに。

スポンサーリンク

勝武士の感染ルートは?死因は合併症が原因?

 

勝武士力士は一体どこで感染したのか…。

報道によると、勝武士力士は3月に大阪で開催された夏場所に出場していました。

・4月4日(土)に発熱を確認。
医療機関に連絡するも受け付けてもらえず

・4月8日(水)になっても熱は下がらず。
咳のときに出る痰に血が混じっているのを確認したため救急車を呼びますがなかなか受け入れ先が見つからず…。
最終的に受け入れてくれた都内の病院への入院が決定します。

そこでPCR検査を受け、結果は陽性。
4月10日(金)にこの旨は発表されていました。

実はほぼ同時期に角界では高田川親方や白鷹山力士といった6人の人物の感染者を確認していたと言います。しかし、全員軽傷で完治していました。

そんな中、勝武士力士は元々糖尿病の基礎疾患があったと言います。
症状はなかなか回復せず4月19日(日)には集中治療室へ。

そして本日都内の入院していた病院で死亡が確認されたとのこと。

協会員の新型コロナウイルスによる死者は初めてのことなのだとか。

感染ルートは正確には明らかにされていませんが、時期的に春場所中にどこからか感染したのではないかと考えるのが普通でしょう。

勝武士力士だけでなく他にも感染者が居ることからも明確です。

スポンサーリンク

夏場所開催と名古屋場所開催はどうなる?

 

日本相撲協会は5月10日(日)にスタートするはずだった大相撲夏場所の開催中止を5月4日(月)に発表しました。

春場所は無観客試合で行われましたが、結果複数人の新型コロナ感染者を出してしまい、中には死亡したものも居る。

夏場所中止は正しい対応であると言えるでしょう。

ちなみに夏場所が中止となるのは今回で3度目にのことになると言います。

八角理事長は夏場所中止に対し、「大相撲をお見せできる日が先になってしまい、大変残念だが、開催できた暁には、精いっぱいの迫力ある相撲をご覧いただけるよう、これからも取り組んでいく」とコメントしています。

また7月開催の名古屋場所について八角理事長は、名古屋場所の会場を東京 両国の国技館に変更して開催することについて、「特別開催として無観客開催を目指しています」としています。

勝武士の訃報についてSNSネットの反応は?

では最後に、SNSネットの反応をまとめていきたいと思います。

Twitterにて反応を調査してみると、勝武士力士の突然の訃報に驚きの声が多く投稿されていました。
20代力士のコロナに感染しての死亡は驚きますよね…。

まとめ

5月13日(水)に勝武士力士が新型コロナウイルスに感染したことで死亡したという発表が行われ、多くの国民が驚きそして悲しんでいます。

未来ある力士が亡くなってしまいました…。

夏場所中止は残念ですが、生きてさえいればまた姿を見ることができます。
しかし死んでしまえばもう姿を見ることはできません…。

勝武士力士のご冥福を心よりお祈り申し上げます。

スポンサーリンク
おすすめの記事