今度は愛媛県でのコロナ感染者の情報です。

医療従事者とその家族が感染したようで、集団感染につながるリスクも否定できないそうです。

今回の記事では、コロナに感染した牧病院の場所と勤務の職員について、感染ルートと行動歴、濃厚接触者への感染リスク、SNSネット上の反応についてみていきます。

スポンサーリンク

愛媛県でコロナ感染した牧病院勤務の職員と場所は?

今回新たに愛媛県で新型コロナウイルスへの感染が確認された方は、医療機関「牧病院」に勤めていた方でした。牧病院の情報と、感染した本人について情報を確認します。

牧病院公式ホームページ
http://www.maki-hospital.or.jp/

牧病院は愛媛県松山市にある医療機関です。今回新たに新型コロナウイルスへの感染が確認されたのは、牧病院に勤める30代男性介護職員とのことです。詳しい部署や、男性の氏名等は公開されていません。

スポンサーリンク

愛媛県でコロナ感染した牧病院勤務の職員の感染ルートと行動歴は?

それでは、今回感染が確認された介護職員の男性の感染ルートと行動歴を見てみましょう。

こんなツイートがありました。実は、今回男性がどのようなルートで感染したのかはわかっていません。こちらのツイートでも言及されていますが、外出自粛の中でも何らかの用事があり外に出る人はたくさんいます。無自覚や軽症状のそうした方々が新型コロナウイルスをばらまいている可能性は十分にあり、また感染が確認された男性は病院で働いているので、患者からもらったことも考えられます。

スポンサーリンク

愛媛県でコロナ感染した牧病院勤務の職員との濃厚接触者への感染は大丈夫?

新型コロナの感染者が新たに見つかり、不安になるのが濃厚接触者への感染リスクですね。牧病院のホームページでは、以下のように情報が発信されています。

当該職員は、病棟業務に従事しており、外来やその他の業務には関わっておりませんが、このような事態ですので、今後2週間を目途に外来を全面的に休止致します。

牧病院ホームページ

今回感染が確認された職員は外来には関わっておらず、多くの人と接触する立場にはいなかったものの、大事をとって病院側が外来を停止するとの考えを示しました。ただ、同僚や家族にPCR検査を実施したところ、男性含めて3人が陽性反応を示しました。家族全員から陽性反応は出ていないものの、精度がさほど高くなかったり、時間の問題かもしれませんね。

愛媛県でコロナ感染した牧病院勤務の職員についてSNSネットの反応は?

今回の、牧病院職員がコロナに感染していたニュースに対するSNSネットの反応を確認しましょう。

松山市での感染ルート不明の感染者は恐ろしく、さらに濃厚接触者に教員がいるとの情報も入ってきました。そんな中、子供たちが学校に通い始めるとどうなるか。集団感染につながらなければよいですね。また、そうは言いつつもいつまでも自粛を貫くわけにもいかないというジレンマもあります。自粛ムードで経済が常に止まったままでは、収入がなくなり困窮している人が多くいます。

国や県がどう出るのか、注目です。

まとめ

今回の記事では、松山市の介護職員がコロナに感染し、その同僚や家族からも陽性反応が出たニュースについてまとめました。

東京都でも毎日の感染者数は減ってきてはいますが、これから第2波が来るとの予測も散見されます。経済も救いつつ、コロナによる人的被害も最小限にとどめられるよう、専門家の意見にはアンテナを張っておきましょう。

スポンサーリンク
おすすめの記事