2020年3月19日の週刊ヤングジャンプ2020年16号で原泰久先生のキングダムの635話が掲載されました。

本記事ではキングダム|最新話635話の「宝の山」のネタバレあらすじと感想をまとめた記事になります。

※ここから先ネタバレ注意です

スポンサーリンク

キングダム|最新話635話の「宝の山」のネタバレあらすじ

鄴の門前では暴徒化した民衆達と兵士達が激しく暴れていました。

柵を乗り越えようとする民衆達を相手に応戦する兵士達だったが、数が多過ぎて対応出来ません。

やがて柵や兵士達を突破する民衆達。

そして門が開門し、やっと出られると言わんばかりに民衆達は逃げ出していきました。

桓騎軍、大暴れ

「本当に内から開きやがったぜ 鄴は」

「ガハハハ面倒な城塞攻めしなくて済むとはなァ」

「ムチャクチャ腹は減ったけどなァ」
桓騎軍の兵士達は口々にこのように言います。

黒桜は兵士達に配置につくように指示し、民衆達の流れが弱まったと同時に一気に突撃すると命じたのです。

鄴の内部にいる胡呂は邪魔な民衆達を追い出せと、入れ違いで入ってきた桓騎軍をここに招いて迎え撃って門を閉めれば大丈夫だと兵士達に指示します。

もう地上戦になると確信した胡呂は城壁の上にいる兵士達も呼び寄せるようです。

しかし、城門の滑車が民衆達によって壊されたので修理に時間がかかると報告を受ける胡呂。

なので弓兵を配備し、後ろの予備隊も呼んで守りを固めて侵入を防ごうと目論むのです。

しかし、持ち場を離れて流れは関係ないと言わんばかりに勝手に攻め上がってきたゼノウ達が侵入してきました。

ゼノウは胡呂を討ち取ると、兵士達を次々と蹴散らしていくのです。

ゼノウ達が侵入したおかげで他の軍勢の侵入も容易くなり、桓騎軍は財宝を求めて突撃しました。

鄴、陥落!

その頃、鄴へと到着した李牧でしたが、桓騎軍が攻め入っている様子を見ているしか出来ないようです。

そもそも目の前に雷土軍を突破する力も無く、士気も落ちている状態です。

鄴城内では趙季伯の家族が民衆に紛れて逃げようとしていました。

その趙季伯は館の屋上に立っていました。

(取り返しのつかぬことを…この鄴の生命線であったにも関わらず)

(本当に取り返しのつかぬことを…)

(天よ…儂が間違っていたのか…難民を受け入れてしまった儂が……)
趙季伯は自問自答しながら、鄴に敵を入れてしまった事を死んで詫びるかのように飛び降りたのでした。

その頃、桓騎は部下から李牧軍が撤退する事を聞かされ、無駄に犠牲を出したくないのだと呟きます。

李牧軍は民衆と共に撤退し、ここに鄴は陥落したのでした。

新たな問題

桓騎の元に王翦がやって来ると、桓騎は大まかな掃除は終わっていて、一番欲しかったものは殆どないと言います。

王翦はその事については先刻承知でした。

そして信達もやって来ると、この勝利に浮かれていました。

しかし、王賁と蒙恬は浮かれている場合ではないと、大問題が起きていると言ったのです。

彼らがこう言うのは鄴に入城してもあそこには食べ物は殆ど残っていないからなのが理由です。

王翦が民衆達の中に兵士を紛れ込ませて、食糧を焼いたのが主な理由みたいです。

李牧軍が早々に去ったのも、自分達を鄴に閉じ込めて包囲して飢えさせようとしていると王賁は言います。

この場にいる全員が籠城して軍勢を食わせてやれる食糧を手にするのは不可能だと思っていました。

しかし、王翦には秘策があったのです。

スポンサーリンク

キングダム|最新話635話の「宝の山」を読んだ感想と考察

勝つことには勝てて、鄴を手に入れたのはいいのですが食糧がないのでは意味がない感じですね。

次回には後発の部隊が到着するようですが、この事を知って愕然としそうですね。

それに王翦がどのような手立てを考えるのかも明らかになると思います。

スポンサーリンク
おすすめの記事