2020年5月24日(日)福岡県北九州市は新たに3人の新型コロナウイルス感染者を確認したことを発表しました。
昨日23日(土)3名の感染者を確認し、2日で6人の感染発覚となりました。

また福岡市では再陽性患者が出たとの情報も…。

そこで今回は、気になる情報を調査しまとめていきたいと思います。

スポンサーリンク

2020年5月24日(日)福岡県北九州市でコロナ感染した3人の身元情報は?

5月23日(土)に新型コロナウイルスの感染者を3人発表した福岡県北九州市が、本日24日(日)にさらに3人の新たな新型コロナウイルスの感染者を発表しました。

現時点で明らかになっている感染者3人の身元情報はこちらです。

・市立小倉北特別支援学校(小倉北区)勤務の30代男性
・市上下水道局西部工事事務所勤務の50代女性
・20代の女子大学生

この身元情報の公表は、都道府県によって異なります。
住んで居る市町村だけしか発表しない都道府県もあれば、今回の北九州市のように勤務先、年代まで公表する都道府県もあります。

県民にとっては、勤務先はぜひとも公表してほしい情報ですよね。

北九州市は市の公式ホームページにて感染者の情報を詳しく公開しています。

(賛否両論あるようですが…)

スポンサーリンク

2020年5月24日(日)福岡県北九州市でコロナ感染した人の感染ルートと行動歴は?

5月24日(日)に福岡県北九州市が新たに3人の新型コロナウイルスの感染者について情報を公表しました。

本日発表された3人は、一体どこで感染したのでしょうか。

市立小倉北特別支援学校(小倉北区)勤務の30代男性についての情報が公表されていましたので、紹介していきます。

男性は特別支援学校の教師です。
男性教師は5月12日(火)に預かり保育で子供と接触。
それ以外で子供とは接触していないと言います。

5月18日(月)に男性教師は業務のため学校に訪れたと言います。
この日は休校中であるため生徒と接触はしていないとのこと。

男性教師の感染が発覚した特別支援学校は、5月25日(月)に学校を再開する予定でした。ですが、当面の間学校再開を延期することにしたと言います。

その他の小中学校は、予定通り25日(月)に学校を再開するとのことです。

感染が確認された特別支援学校では、24日(日)に学校の消毒を行いました。

残りの感染が発覚した2人の女性について詳しい情報は現時点では公表されていません。後日北九州市のホームページに情報が掲載されるのではないでしょうか。

24日(日)に感染が発覚した3人は現在、病院に入院していると言います。
市上下水道局西部工事事務所勤務の50代女性に症状はなく、残り2人は軽傷であるとのこと。

1日も早い回復を心より祈ります。

スポンサーリンク

2020年5月24日(日)福岡県北九州市でコロナ感染した人への濃厚接触者の感染は大丈夫?

北九州市では、23日(土)24日(日)と2日続けて新型コロナウイルスの感染者を発表しています。

気になるのは、濃厚接触者への感染です。

勤務先、大学でクラスター感染している可能性は決して低くありません。
また3人に同居家族が居た場合、その家族の感染も心配です。

濃厚接触者の方はPCR検査を行うでしょう。
後日、陽性反応を確認する人が増えなければいいですが…。

2020年5月24日(日)福岡県北九州市でコロナ感染したことについてSNSネットの反応は?

では最後に、SNSネットの反応をまとめていきたいと思います。

Twitterにて反応を調査してみると、「怖い」といった声が投稿されていました。

全国的に新型コロナウイルスの感染者が減ってきている中、2日続けて感染者が発覚となれば不安を覚えるのも当然でしょう。

「今後また増えるので…」という声も多くありました。

まとめ

北九州市では、新たに3人の感染者を確認しました。
福岡市では再陽性患者も発覚しており、福岡県は九州でダントツに感染者数が多いです。

緊急事態宣言は解除されましたが、ウイルスが消えたわけではありません。

人の動きが活発になれば、ウイルスが広がる可能性は高いです。
今までのようにはちょっとまだ行かないので、マスクを着用する、密になる場所は避けるようにするなど1人1人がしっかり対応していくようにしましょう。

スポンサーリンク
おすすめの記事