2020年5月26日(火)
小田急小田原線「祖師ヶ谷大蔵駅」にて人身事故が発生したという情報が入ってきました。

一体どのような人身事故が発生したのでしょうか。

Twitterには、人身事故発生当時についてのツイートが投稿されています。

今回はTwitterに投稿されたツイートからどのような人身事故が発生したのかということについて調査しまとめていきたいと思います。

スポンサーリンク

2020年5月26日(火)小田急小田原線「祖師ヶ谷大蔵駅」で起きた人身事故の概要は?

5月26日(火)午前5時頃。
小田急小田原線「祖師ヶ谷大蔵駅」にて人身事故が発生しました。

では、どのような人身事故が発生したのか概要をみていきましょう。

Twitterに投稿された目撃情報によると、今回注目している人身事故は小田急小田原線「祖師ヶ谷大蔵駅」の駅構内にて発生したと言います。

どうやら飛び降りによる接触事故だったみたいで…。

「警笛鳴らしながらブレーキ、やばい」といった目撃情報がTwitterに投稿されていました。

人身事故が発生したとの通報を受け、現場には警察や救急隊が駆けつけました。
そしてすぐに救出作業、現場検証が行われたと言います。

その間、小田急線「経堂駅」~「成城学園前駅」間で運転が一時見合わせとなりました。

当初は、午前6時40分頃に運転再開を予定していました。
ですが警察の現場検証に時間がかかってしまったとのこと。

結局再開したのは予定よりも遅れた午前7時1分頃であったとのことでした。

スポンサーリンク

2020年5月26日(火)小田急小田原線「祖師ヶ谷大蔵駅」で起きた人身事故当時の現場の状況は?

人身事故発生当時、現場はどのような状況だったのでしょうか。

こちらは人身事故発生直後の「祖師ヶ谷大蔵駅」の様子となります。
現場検証を行っている様子でしょうか。

「祖師ヶ谷大蔵駅」の周辺には多くの緊急車両が駆け付けていたとのことでした。

今回注目している人身事故が発生したのは午前5時、始発の時間でした。

東京都では昨夜に緊急事態宣言解除が発表され、今日は緊急事態宣言解除となって迎える初めての朝でした。

この日から職場に復帰という方も居たでしょう。
多くの人が通勤・通学に利用するこの時期帯に人身事故が発生してしまったということで、多くの駅で大混雑となりました。

Twitterにはこのように多くの人が電車を待ち密状態になっている様子を撮影した画像が投稿されています。

このカオス状態から新型コロナウイルスの感染者が出ないといいですが…。

スポンサーリンク

2020年5月26日(火)小田急小田原線「祖師ヶ谷大蔵駅」で起きた人身事故の身元情報は?

人身事故が発生したということで、気になるのはどのような人が電車に接触したのかということについてです。

今回の人身事故は飛び下りによる接触事故だったみたいです。

現時点ではどのような人が電車に接触したのかということは明らかになっていません。男性なのか女性なのか…。

新型コロナウイルスの影響で職を失ってしまった人は多いと言います。
この時期ですので、もしかしたら…と思ってしまいますね。

2020年5月26日(火)小田急小田原線「祖師ヶ谷大蔵駅」で起きた人身事故についてSNSネットの反応は?

では最後に、小田急小田原線「祖師ヶ谷大蔵駅」にて発生した人身事故についてSNSネットの反応について調査しまとめていきたいと思います。

Twitterにて反応を調査してみると、悲痛の声が多く投稿されていました。

小田急線は人身事故発生件数が多いことで知られています。

人身事故発生件数が多いことの対策として、小田急線ではこのような振替輸送マップを用意し配布していたと言います。

便利だと思いますが、人身事故をなくす努力をしてほしいのが本音ですよね…。

まとめ

5月26日(火)に小田急小田原線「祖師ヶ谷大蔵駅」にて発生した人身事故について今回は注目していきました。

始発に人身事故って、もう最悪ですよね…。

人身事故の影響で混雑が発生し、多くで密状態になってしまいました。
ここから新型コロナウイルスの感染者が出ないといいですが…。

まだまだ油断できないため、外に出る際にはマスクを必ず装着しましょう。

スポンサーリンク
おすすめの記事